人気ブログランキング |

江戸時代から昭和初期に建てられた歴史ある建物が点在する帆足本家「富春館」のレストラン、カフェ 菓子処、ギャラリーなどをの新しい情報を発信します


by fushunkan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゆーわくワイド TOS大分放送 に和菓子登場

TOS テレビ大分 ゆーわくワイド 6月20日 6時20分くらいから
帆足本家内 ☕カフェ 桃花流水 menuより
和ティーセットにて 一楽庵にて発売中(6月限定)の和菓子
水無月 抹茶れんこん餅 ○帆餅が登場します。

一年を前半と後半に分けると、6月30日は前半が終わる日にあたります。
半年間の悪い行いや身の汚れを払い、明日からの新たな半年間を無事に過ごせますようにと祈願する行事が行われていました。
この行事を「夏越祓(なごしのはらえ)」または「水無月の祓い」といい、京都では、暑気払いの意味がある水無月を食べて、無病息災を祈願したのでした。

こうした風習により、現代の京都の方々は6月30日に水無月を食べることで、この半年の身の汚れを払い、暑い季節も夏バテせずに元気でいられるように願掛けをしています。


ただ…6月なのに「水が無い月」って変だと思いませんか!?
どちらかというと梅雨の時期なので「水が有る月」ですよね(笑)
これは新暦でのイメージで、旧歴の6月は今の7月頃です。
つまり、夏の日照りのせいで水が枯れてしまい、水が無い月だったために「水無月」という字があてられたのではないか、といわれています。
その他には、水無月の「無」は現在の「の」にあたり、田植えで水が必要な月だったことから「水の月」である、という説もあります。
ゆーわくワイド TOS大分放送 に和菓子登場_c0256701_09510053.jpg
ゆーわくワイド TOS大分放送 に和菓子登場_c0256701_09500570.jpg

日本の文化は奥深く着物や、食べ物と関連していますね。
守っていきたいものです


by fushunkan | 2018-06-16 09:51 | カフェ